Home > アウトレットとは Archive

アウトレットとは Archive

アウトレットについて

このブログで紹介している商品は、箱に傷が付いていたり、店頭から返品されたり、初期不良をメーカーが修理して再出荷したものです。

そのため、新品同様にも関わらず通常の店頭価格の半額以下で販売されているものも少なくありません。あえて「訳あり品」を選ぶのも良いのではないでしょうか。

訳あり品とは(はてなキーワードより)

様々な規格外を理由に格安販売される見切り品のこと。いわゆる「アウトレット商品」。

「わけあり」とされる値下げ理由は、型落ち品、新古品、展示品処分、キズモノ、不揃いサイズなど様々。

 たとえば、不揃いサイズの煎餅や、今まで廃棄処分していたケーキの端の部分を寄せ集めて再利用した菓子など食料品から、わずかなキズがある家具類など。僅かな外見上の見劣りに目をつぶるだけで、正規品より半額~8割引きなど格安で販売されている。

 これまで日本の消費者は、海外に比べ神経質な傾向があり、流通側は高い検品コストをかけたうえで商品を出荷していたが、近年の不景気デフレによる庶民の節約志向と企業側の価格戦略が、マッチして流行になりつつある。

 従来の日本の消費者は、生鮮食料品に対して味や安全性だけでなく、色・形など枝葉末節に至る要求が多かった。この消費者の性向が、値下げに対する歯止めとなっていた。

 「わけあり商品」として着目される以前は、廃棄処理されていた商品も多く、工夫次第で商品の再利用、ゴミ減量などに効果があり、エコブームとも相乗効果をあげつつある。


尚、このブログで紹介している商品情報は公開時点で在庫があるものを扱っていますが、情報には鮮度があります。特にアウトレット品は、すぐに売り切れてしまいますのでご了承ください。
(商品によっては後日再入荷するものもありますのでブックマークをお勧めします)
また、商品のクレーム等は販売店にお問い合わせください。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

家計の救世主「わけあり商品」

家計の救世主「わけあり商品」

 不景気で消費が冷え込む中、注目が集まるものがあります。「わけありグルメ」「わけあり商品」といったジャンルので商品です。

 わけあり品とは、サイズや形状が規格外のものや、賞味期限が近くなってしまった商品、パッケージのリニューアルなどでデザインが古くなってしまった商品など、食品としては何ら問題がないけれど、正規品としては扱うことができない商品を指します。

 わけあり商品は当然ながら正規品に比べると割安で販売されることが多いため、元々安い商品であればさらに格安に、高級グルメなどは正規品ならちょっと手が出ない物もお手軽価格で手に入るとあって、非常に人気が高まっています。

■わけあり高級グルメ

 お取り寄せグルメで有名なネットのショッピングモールでは「Yahoo!ショッピングお買い得!わけありグルメ」「ぐるなび食市場わけありグルメ特集」などのように、わけあり品を専門に扱うコーナーを設けて販売しています。

 足が折れたカニ、高級肉の切り落とし部分、傷のあるフルーツなど、通常であればかなり高級な食材が格安です。割れてしまったおせんべいや規格外のチョコレートなど、お菓子やデザート類も多く、お取り寄せ好きな方には特にうれしい品揃えとなっています。

 ほかにも「ぐるなび食市場アウトレット特集」では、プロ仕様の業務用食材を扱うなど、本格的な食材を割安で購入したい方にはぴったりです。

■規格外・在庫余りの商品

 通信販売大手のニッセンが運営する「iiFOOD」では、在庫余りやシーズン遅れ、賞味期限の近い商品などが超格安で販売されています。商品によっては半額以下のものも。お菓子や乾物、調味料、レトルト品のような、かなり日持ちがする商品が中心ですので、たくさん買ってご近所とシェアするのも良いでしょう。

 有機野菜の宅配で有名な「Oisix(おいしっくす)」も、「もったいない特集」というカテゴリーでわけあり商品を扱っています。

 ここでは主に規格外のふぞろい野菜などを多く扱いますが、形が不揃い、傷があるといったものだけではなく、マッシュルームの石づきだけとか、えのきだけの軸の部分だけのような、ちょっと変わった商品もあります。

 もともと一般の野菜と比較すると高価な有機野菜のわけあり品ですので味はお墨付き。野菜などは調理してしまえば形が不揃いなんてことは全く問題がないので、利用価値はかなり高いと言えるでしょう。

■利用するときの注意点

 お得なわけあり商品ですが、利用するときにはいくつか注意したいことがあります。

 賞味期限などをよく確認すること。日持ちのするものであれば比較的安心ですが、熟れすぎた果物などは早く消費しなければ無駄になりますので、買う量にも気をつけたいところです。

 安いからと言ってつい買いすぎてしまうのも注意です。特にネットで購入する場合は、送料が無駄にならないように多くまとめて購入する方が多いですが、きちんと予算立てをして購入しなければせっかくお得商品を買っても無駄使いになりかねません。

 また、こうしてわけあり商品に人気が出ると、わざわざ「わけあり品」と銘打ち、そうでない商品を販売する店も少なからずあります。わけあり商品をわざわざ作る業者もあるほどです。

 もちろん割安で買えるのであればこうした商品でも問題ないと思いますが、たいして正規品と価格が変わらないのであればお得とは言えません。このあたりの見極めは必要です。


 お買い得なわけあり商品、上手に利用して食費節約に役立ててみてはいかがでしょうか。

直前だからこそ安い! 海外旅行にも広がる直前割引市場

直前だからこそ安い! 海外旅行にも広がる直前割引市場

 旅といえば、欠かせないのがプランニング。事前の入念な計画と早めの予約がカギ、というのが主流な考え方だろう。その一方、「お得に旅を予約するには直前を狙え」という"旅の直前割引市場"が近年確立されつつあるようだ。試しにGoogleで"直前割引"と検索をしてみると、国内旅行、海外旅行とも多数の旅行会社の直前割引情報が並ぶ。

 旅行会社ごとに言葉を変えて「ファイナルコール」「アウトレット」「間際価格」などと多様な用語が使われてはいるが、要は余った旅行商品を直前に大幅に値下げして売り切ることには変わりない。国内旅行であれば1週間を切ったもの、海外旅行であれば1カ月を切ったものというのが何となく「直前」の定義になっているようだ。

 よくよく考えれば、この"直前割引"は常日頃チラシなどで目にするスーパーやデパートの在庫一掃セールと同じ仕組みのもとに成り立っているもの。そのままにしておくと利益を生まない余りものの価格を思い切り下げて、必要な期限までに売り切るというコンセプトだ。洋服の在庫一掃セールといえば夏と冬に実施されることが多いが、旅行の場合は"毎日がセール"とも言えるだろう。

●直前割引が利用できる条件

 旅行商品は1年中直前割引が存在するということになるが、"安い"というメリットの裏にはいろいろと制限事項やデメリットも存在する。それをかんがみると、直前割引の購入を狙うべき人は、「海外パッケージ商品」「航空券」「ホテル」の3パターンのいずれかに当てはまる必要がある。

1.海外旅行のパッケージ直前割引を狙うべき人

・比較的いつでも旅行に行けて、時期の指定がない
・旅行する場所に強いこだわりがない
・航空会社や泊まるホテルに関してこだわりがない

2.海外旅行の航空券直前割引を狙うべき人

・比較的いつでも旅行に行けて、時期の指定がない
・航空会社に関して強いこだわりがない

3.海外旅行のホテル直前割引を狙うべき人

・特に泊まりたいホテルが決まっていない

 多くの社会人は有給休暇を取得できる時期が限られている。直前割引で行きたい都市の商品が見つかったとしても、すぐに有給休暇を取得できるという人は少ないだろう。

●「航空券早割り予約」と「ホテルの直前割引」のコンビネーション

 「ゴールデンウイークやお盆、年末年始といった大型連休にしか休みが取れない」という人におすすめなのが、「航空券早割り予約」と「ホテルの直前割引」のコンビネーションだ。

 ピークシーズンに旅行をするとなれば、まず日本発着の航空券がなかなか取れない。パッケージも同様だ。そのような理由から、この時期だけは直前割引商品が少なくなるのだが、海外ホテルだけは事情が異なる。特にグローバルでホテルの仕入れを一括しているような旅行会社は、仕入れた在庫に対する日本の割合がほんの一部なので、日本のピークシーズンでもピークではない海外の在庫をかかえているところも少なくない。秋の大型連休直前の今でも、ハワイなどを筆頭に半額まで落としているホテルがたくさんある。

 直前まで待つことによって、ハイグレードなホテルステイがいつもと同じ予算で楽しめるかもしれない。直前まで待ってみる、というのも個人旅行(というか自分でアレンジする旅行というか)ならではの楽しみなので、選択肢の1つとして頭の片隅に置いておいたらいいだろう。

【デジタル】 ネットのアウトレットで、家電やPCをお得に買う

【デジタル】 ネットのアウトレットで、家電やPCをお得に買う

 不況が続くなか、アウトレット品が人気だ。アウトレットというと、傷モノだったり型落ちだったりというイメージがあるが、最近は、意外に新しいものも激安で買えるケースがあるらしい。

「わけあり」品が80%引き?

 たとえば、ビックカメラのインターネット店である「ビックカメラ.com」では、「わけあり品」が、通常よりもかなり安く販売されている。

 「わけあり品」の「わけ」とは何なのか。ビックカメラ広報に尋ねてみた。「お客様のご自宅に一度お届けしたものの、外箱に若干の傷が付いていたり、色がご希望のものと違っていたりして、戻ってきた商品です」。つまり、商品自体には何の問題もない新品ということだ。

 原稿執筆時点でチェックしたところ、今年5月発売のシャープの52V型液晶テレビが298,000円で販売されていた。同サイトの通常コーナーでは448,000円で売られている品で、比較すると約33%引き。「値引率は商品状態によって異なりますが、最大で80%オフのものもあります」とのこと。

 「わけあり」の特性上、基本的に数量限定で、1点物も多いと言う。やはり、お買い得感の大きいものほどすぐに売り切れるとか。まさに、早い者勝ちというわけだ。

 となると、いかに更新されてすぐに商品を見つけるかが勝負となる。
「該当する商品が出たタイミングで随時掲載しているので、更新は不定期です。狙っているものがある場合には、こまめにアクセスしてみてください」

 ビックカメラでは実店舗でもアウトレット品を扱っているが、こちらの場合は、主に展示品や在庫品の処分という形で実施されることが多いと言う。

メーカー直販のアウトレットもある

 このようなアウトレット販売は、PCメーカーを中心に直販サイトでも行われている。旧モデルの他、最新モデルのキャンセル品や展示品などを特別価格で販売しているケースがある。ただし、返品が不可だったり、長期保証の対象外だったり、お買い得品ならではの制限事項もある場合も。条件はショップによって異なるので、注文前には注意事項をよく確認しておこう。

 家電やPCはメーカーと型番で探せばどこでも同じものが買えるため、価格.comなどで最安値を探す人も多いだろう。とはいえ、名前を聞いたことのないショップから購入するのも不安なもの。メーカーや家電量販店など大手のサイトで、これらと比較しても遜色ない価格で買えるのはかなり魅力的だ。欲しいものが必ず見つかる保証はないが、一応チェックしてみる価値はありそうだ。

「ビックカメラ.com」:http://www.biccamera.com/
「いい暮らしストア」(シャープの家電全般。「アウトレットSALE」ページ):https://store.sharp.co.jp
「富士通直販WEB MART」(「HappyPrice」ページ):http://www.fujitsu-webmart.com/
「NEC Direct」(「アウトレット商品」ページ):http://www.necdirect.jp/
「ソニースタイル」(VAIOのみ。「アウトレット!」ページ):http://www.jp.sonystyle.com

半額・アウトレット・わけあり商品も!ネットでお得に買い物する方法

半額・アウトレット・わけあり商品も!ネットでお得に買い物する方法

ネットで買い物をする時、できるだけ安い商品を探したくなりますよね。今回はそんな時にきっと役立つ、はてなブックマークでも人気の「お買い得サイト」をまとめてみました。

「ネットでお得に買い物する方法 」の写真・リンク付きの記事

効率よくお得な情報を手に入れたい!

みなさんはネットショッピングの際、お得な情報をどこから手に入れますか?商品検索でキーワードや値段設定を工夫する、ショップのメルマガを購読する、サイトに貼られたバナーをチェックするなど、様々な方法があると思います。まずは大手のショッピングサイトから、お得な商品やキャンペーンの情報だけに絞って効率良く探せるサイトをご紹介します。

半額以下.com - 激安の商品検索

楽天やYahoo!ショッピング、Amazonなどの商品から、半額以下のものだけを検索できるこちらのサイト。カテゴリからの検索はもちろん、「タイムセール」や「在庫処分」など、安くなっている理由別に商品を検索することもできます。また、90%オフ以下の商品だけを集めたサイトもあります。

エレクトロニクス Amazonのバーゲン情報

Amazonのお得情報をまとめたサイトです。食品や家電、本、ファッションなど、あらゆるジャンルのセールやキャンペーン情報がまとめられています。


アウトレットを賢く利用しよう!

品質には問題がなくても、見た目が悪い、型が古いなどの理由で安くなった商品を販売するアウトレット。ネット上でも、そんなアウトレット商品を扱うショップがあります。

エレコムわけありショップ

こちらのサイトでは、PC周辺機器がパッケージ不良などを理由にお得な値段で販売されています。もちろん、商品自体には問題ありません。手に入りにくくなった旧モデルの商品が見つかる場合も。

【わけありグルメニュース】-アウトレット、規格外、在庫処分などのグルメの激安情報

味に問題はないものの、ふぞろい、在庫処分などの理由でわけあり価格になっているグルメ情報を見ることができます。


いくら安くても、欲しい商品がなければ意味がない!

いくらお得な商品の情報が集まっていても、その中に自分の欲しい商品が無ければ意味がありません。自分の欲しい商品をチェックしたら、お買い得なタイミングを狙って手に入れましょう。

あまとも : アマゾン(Amazon)の友 - Amazonの価格変動をチェック

こちらはAmazonでの商品の価格変動をチェックできるサイトです。サイトでは商品ごとの最新価格や価格変動履歴が見られるほか、ユーザー登録をして気になる商品をウォッチリストに追加すると、価格変動をメールでお知らせしてくれます。


ちょっと変わったお得情報

最後に普通のセールとは違う、ちょっと変わったお得なサイトをご紹介します。

通販サイト【ネットプライス】

買い物する人数が多くなるほど商品の価格が安くなる「ギャザリング」と呼ばれる独自の共同購入や、販売期間を1週間に限定することによって、商品を安く提供しています。商品は1週間で入れ替わってしまうので、こまめなチェックが必要です。

詰め放題のポータルサイト|Tsume.com(ツメコム)

スーパーのタイムセールなどでよくある「詰め放題」をネットショッピングで再現したこちらのサイト。お店ではできない重い商品や高額な商品も詰め放題にできるのは、ネットならではといえます。


以上、ネットでお得に買い物をするのに役立つサイトをご紹介しました。買い物の際は、ぜひ参考にしてみて下さい。

人気のアウトレット・モールとは 「安・近・短」のレジャー

人気のアウトレット・モールとは 「安・近・短」のレジャー

   「アウトレット・モール」といえば、有名ブランドなどの売れ残り商品などを割安に販売する専門店街として米国で1880年代に誕生した小売り業態だが、日本では今、個人消費の低迷にもかかわらず出店ラッシュが続いている。茨城県阿見町に2009年7月9日に開店した「あみプレミアム・アウトレット」もその一つだ。

「COACH」、紅茶の「FAUCHON」など有名ブランドも入居

   東京都心部から車で約1時間。圏央道の阿見東インターチェンジを降りてすぐの場所に「あみ」はある。約2万㎡の敷地に、衣料品、食品、飲食店などの104店舗が入居する。

   バッグの「COACH」、時計の「SEIKO」、紅茶の「FAUCHON」など有名ブランド店も入居し、店内には3~7割引の値札を掲げる店もある。

   同県守谷市から友人と車で買い物に来たという女性会社員(30)は「車で30分ほどで着き、都心に出るよりも近い。店舗が多いので1日過ごせるのがいい」と話す。もちろん安さも魅力といい、「COACH」のバッグを4割引きの約4万円で購入した。

   モールを運営するのは三菱地所の子会社チェルシージャパン。00年7月の御殿場(静岡県)を皮切りに高速道路のインターチェンジなどに直結する店舗を次々とオープンした。「あみ」は8カ所目。吉村俊秀社長は「アウトレットは『安・近・短』のレジャーになっている」と分析する。2008年はガソリン高やリーマン・ショックによる逆風を受けたが、09年4月以降は、消費者の節約志向や休日の高速道路料金値下げが追い風になっているという。

「テーマパークのようなレイアウトで楽しく買い物ができる」

   アウトレットモール業界は、チェルシーと、三井不動産参加の三井アウトレットパークが2強で、約5000億円とされる市場規模の6割以上を両社で二分する。三井は、約30年前に千葉県船橋市で開業した大型商業施設「ららぽーと」以来培ったテナント選びに定評があり、郊外でも大阪、横浜、神戸、千葉など大都市近郊に店舗を展開しているのが特徴。一方、チェルシーは、本場米国流の施設造りを徹底して研究したといい、立地も大都市から車で1~2時間の距離が多い。吉村俊秀社長は「テーマパークのようなレイアウトで楽しく買い物ができる付加価値を創造したい」と話す。

   民間経済調査機関の調査員は「ブランドショップの在庫品といっても、かつては流行遅れの商品が多かったが、最近は不況でシーズン物もアウトレットの店頭に並ぶようになり、都心の百貨店の季節セールよりも先に安く買えるようになった」とアウトレット人気の背景を分析する。郊外の立地を生かし、地元の人気飲食店の出店や名産品販売も増えており、遠方の観光客も目立つようになっている。不況による消費者心理の変化が追い風になっているようだ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

このブログについて

このブログは、アウトレット商品に関する情報を扱っていきます。

アウトレット品とは、箱に傷が付いたり初期不良品をメーカーが再生したりと「訳あり」であるため、正規の販売ルートから外れた商品です。
正規の販売ルートから外れてはいるものの、きちんとメーカーが品質を保証しているケースが多いですし、何と言ってもも安いのです。

商品によっては箱など不要な場合もありますから、箱破損品は特に人気であっという間に売り切れることも少なくありません。

そこで、在庫情報を反映した最近の商品情報をこのブログでは紹介していきたいと思います。

夏のセールを逃したら、アウトレットでチャンス挽回!

夏のセールを逃したら、アウトレットでチャンス挽回!

 100年に一度の大不況、服一枚を買うにも慎重になってしまう時代。「洋服は定価で買わない」という人も多いのではないだろうか。そんな人の強い味方なのが、アウトレットだ。

留まるところを知らない、アウトレットの人気

 「アウトレット」は直訳すると"出口"、"はけ口"を意味し、1980年代にアメリカで新しい流通形態として誕生した。時期外れの品やいわゆる欠陥品などを工場や倉庫の片隅で安く売り、在庫処分をしていたことが始まりだとか。日本へは1993年に初上陸。当時こそなかなか受け入れられなかったものの、徐々に人気が高まり始め、現在では、いくつかのアウトレット店を集約させた「アウトレットモール」が続々開業している。

 矢野経済研究所の調査によると、2007年度日本国内にあるアウトレットモールは32施設、売上高は合計4,550億円にも上る(前年比108.8%)。2008年度は5,200億円と見込まれ、まさに右肩上がり。飲食店やアミューズメントも充実させた施設が多く、家族で楽しめるレジャースポットとして人気が高まっている。

バーゲンセールとアウトレットの違いは?

 衣類や雑貨が定価より安く手に入るという点で、夏や冬のバーゲンセールとは何が違うのだろうか。アウトレットモールへも出店している株式会社トゥモローランドに問い合わせたところ「通常のセールは、オンシーズンの商品を季節の終わりに割引します。たとえば、当社では春夏商品を2月から展開していますが、7、8月には最大50%引きのセールを行います。そのセールで売れ残ったものが、9月以降アウトレットに移ります。アウトレットの割引率は一概には言えませんが、だいたい最大60%引きですね」との回答。

 つまりトゥモローランドのアウトレットは、オフシーズンの商品を通年いつでもセールよりお得に買えるということ。最近は、一部オンシーズンの商品もアウトレットモールで販売しているブランドもあり、思わぬ掘り出し物が見つかる可能性も大きい。

 夏のレジャーに、足を運んでみてはどうだろう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

明太子やカニが激安!"ワケあり"お取り寄せがブーム

明太子やカニが激安!"ワケあり"お取り寄せがブーム

名産品や人気のスイーツが自宅にいながら食べられる"お取り寄せ"。そんなお取り寄せ業界で、実はあるジャンルのものが売れまくっているという。規格外のサイズや形、割れてしまったものなど、正規の価格ではだせないものを激安価格で買える"ワケあり"お取り寄せ商品だ。

他の写真も見る: ひび割れたマカロンも安い!「アウトレット・マカロン 12個」(882円/ふたば茶亭)

通常約1万2000円の明太子が1980円の驚き価格で買えるのは「南房総びわ問屋」の「訳あり ぶっちゃけ明太子 1kg」。約83%オフの理由は、皮が破れてしまっているため。原料はもちろん、味も正規品と変わらないのでかなりお得だ。販売開始から1週間で4000kgの販売量を記録したこともある超人気商品だという。ごはんはもちろん、明太子パスタにしてもおいしい。

ジューシーなタラバガニが500円で買えるのは「かに太郎」。「訳あり生タラバガニ ぶつ切り300g前後」は、味噌汁などのダシや焼きガニにして味わうのがオススメだ。肩肉と脚先の部分のぶつ切りで身のほぐれ具合には難があるが、ワンコインでタラバカニが味わえるのなら安いかも。

いまが旬のサクランボの王様・佐藤錦にもワケありお取り寄せが。「ブランドフルーツ専門店 果実銀座」の「訳あり 佐藤錦 700g」は、色つきにムラがあったり、やや小粒のものなど4200円相当を1980円で販売している。通常品と比べやや見劣りはするものの、味は正規品同様甘みもたっぷり。山形の契約農家より直送するため、鮮度も抜群なイチオシ商品だ。

そのほか、甘みの強い「訳あり フルーツキャロット 10kg」(1850円)を販売する「福馬果樹園Shop」や、規格外サイズやひび割れした「アウトレット・マカロン 12個」(882円)を販売する「ふたば茶亭」など、日常で食べるには全く問題のないお取り寄せが激安で買える。人気商品だけに、売切れの場合もあるので気をつけて。本物の味を破格で手に入れて、いつもの食卓をワンランクアップさせてみては。【詳細は東海ウォーカー6/23発売号に掲載】

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

激安「訳あり品」大人気 「カニ」「夕張メロン」から家具まで

livedoor newsの記事です。
このブログでも、様々な「訳あり品」を紹介していきます。

激安「訳あり品」大人気 「カニ」「夕張メロン」から家具まで

   賞味期限間近だったり、傷があるために正規のルートで売れなくなったりした「訳あり品」が、ネット通販で大人気だ。「訳あり商品」専用サイトが登場したほか、「Yahoo!オークション」のトップページには「B級品オークション」「キズありオークション」といったアイコンが新たに設けられた。不況下で節約ムードが高まるなか、「訳あり」は「市民権」を得たようだ。

買いたい人が多いほど値段が下がる

   通販サイトを運営するネットプライスは、「MOTTAINAIギャザリング」を09年6月2日に立ち上げた。メーカーが作りすぎたもの、デザイン変更で売れなくなったもの、賞味期限が近いもの、シーズンオフのものを集めた。他のサイトと違うのは、買いたい人が多いほど値段が下がるという仕組みだ。

   例えば、京都の老舗コーヒー「小川珈琲」の有機レギュラーコーヒーカフェセットは賞味期限が近いという理由で値下げしている。メーカー希望小売価格3000円のところ、購入者が複数集まり6月25日現在で2079円の値段がついている。サングリアの「チューハイテイスト」は48本セットで希望小売価格5760円のところ、3864円に値下がりしている。

   担当者によると、6月25日現在での利用者は延べ2000人。客単価は2000円で、3週間でおよそ400万円を売り上げた。売上げの一部は環境活動に寄付されるというのも、このサイトならではだ。

   6月30日までの期間限定だが、担当者によると反響があるので取り組みは今後も続ける。

   「Yahoo!オークション」のトップページにも、「B級品オークション」「アウトレットオークション」「展示品オークション」「キズありオークション」というアイコンが2009年5月上旬から登場した。食品、家具、家電、ブランドものなどいろんな商品がある。

   同社ではこれまでもB級品を扱っていたが、この新システム登場以降、取引成立件数は大幅に増えた。B級品は6月25日までの30日間で前年同期比220%増、キズありは同比520%増、アウトレットは同比218%増だった。

   ヤフー広報担当者は、「不況下で訳あり商品が注目され、市民権を得たようだ」と話している。

「生活防衛」のため、ホタテやタラコをまとめ買い

   カニやタラコ、ホタテ、夕張メロン、といった北海道の特産品を正規の販売価格の4~5割引きで売っている通販サイト「北海道わけあり市場」。傷もの、不揃い、規格外で正規品としては販売できないものを常時30~40アイテムを扱っている。

   夕張メロン8キロ(4~6個入りが目安)が、通常は1万7800円のところ6割引きの7340円。メロンの網の目が粗いものや、ツルが折れてしまった、形が楕円になったという「訳あり」だが、品質は百貨店などで高級ギフトにも用いられているものと同じだそうだ。

   そのほかズワイカニの切り足(3キロ箱)は通常価格の35~39%オフで8400円から。特上たらこ(1キロ)は通常価格の半額で6279円。売り切り次第終了なので早い者勝ちだ。

   サイトは07年に立ち上がった。08年夏頃からメディアに取り上げられるようになり、売上げが大きく伸びた。最近は前年の2倍強で推移している。年間売上高はおよそ1億円で、不況で節約志向が強まるなか、さらに伸びが期待できそうだ。

   運営する北の達人コーポレーション広報担当の田中秀将さんは、

「当初はカニや牛肉などの贅沢品をお得に買えると人気でしたが、不況が色濃くなるにつれて、ホタテやタラコをまとめ買いするお客さまが増えています。利用者のほとんどが主婦なので、冷蔵庫にたくさんあっても困らない食材を2~3アイテム買っていくようです。1人あたりの平均単価は8000円。当社が運営している他の通販サイトに比べても単価が高いです」

と話している。

   送料は常温、冷凍ごとに1000円かかる。つまり、冷凍ものをいくつ買っても、届け先が同じなら1000円で済む。

   グルメサイト「ぐるなび食市場」でも「わけありグルメ」を集めて売っている。スイーツ、海産、肉、総菜、フルーツを扱っている。例えば、チーズケーキが20カットで通常価格4620円のところ、半額の2310円。ホールを切り分ける際に、大きさにバラツキが出たものを集めた。合わせると2ホール分になる。

   ベーグルは24個で通常価格5390円のところ52%引きの2580円。製造元との取引が終了して在庫がたくさんあるという理由で、味や品質には問題ないそうだ。

   魚の開きの盛り合わせもある。シマホッケ220gが2枚、サバフィーレ100gが3枚、赤魚220gが2枚、キンキ開き30gが2枚で、通常価格4230円が35%オフの2750円だ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > アウトレットとは Archive

Search
Tag Cloud
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ
Feeds

Return to page top